シミウスの正しい&効果的なマッサージ方法はこちら!

シミウスでシミをケアするには、マッサージは欠かせません。
なぜなら、マッサージジェルとしても使える上に、マッサージすることにより有効成分の浸透力を高めてくれるのですから。
でも、どういうマッサージ方法が適しているのでしょうか?

「正しい」「効果的」「やってはならない」マッサージ方法を紹介いたします。

-正しいマッサージ方法
朝と夜、1日2回、洗顔後の水気を拭き取った清潔なお肌へ使用していくのですが、3ステップで行うのがポイントです。

▼ステップ1
ジェルを手に取り、目元を中心に顔全体へつけていきます。
目元はなるべくたっぷりつけましょう。

▼ステップ2
中指の腹を使って、目元をくるくる回すようにしてマッサージします。
目を軽く閉じて、ジェルが目に入ってしまわないようにしてくださいね。

▼ステップ3
頬から首へと丁寧に流していきます。

その後、ステップ2~3を3回繰り返すだけで完了です。
トータルの所要時間は、たったの3分間です。
これなら、苦にならず、続けられそうですね。

-効果的なマッサージ方法
シミウスは角質をケアすることでシミを改善していくため、ターンオーバーが行われてからシミへの効果があらわれ始めます。
ちょっとサイクルが遅くなっていることも考えられるので、3ヵ月~半年くらいは使い続けたいところです。
しかし、少しでも早く効果を得たい、と思いますよね。
そんな方におすすめなのは、効果的なマッサージの方法です。

まず、マッサージによる浸透力をさらにアップさせるために、リンパの流れをよくしましょう。
リンパの流れがよくなると、肌が柔らかくなりますし、老廃物を排出しやすくなり、免疫機能も高まるという嬉しい効果ももたらされます。
むくみの改善にも繋がるので、すっきりしたお顔にもなりますよ。

顔だけ、手だけを温めても効果が上がりますが、一番いいのは、体を芯から温めることです。
バスタブにじっくり浸かるのがおすすめですが、朝からお風呂に入る時間がない、なんてこともありますよね。
そんな時は、ちょっとストレッチして、血行をよくするだけでも体が温まりますよ。
運動不足でもリンパの流れが悪くなることがあるので、特に関節に溜まった血を流すことを意識しながら、ストレッチしてください。

リンパの流れをよくするストレッチは、
真っ直ぐ立って、姿勢を正します。

肩の力を抜き、顎を引いて少し下を向きます。真下を向くのではなく、斜め下を向いてくださいね。そのままの姿勢を20秒キープしてください。

首に負担をかけないようにしながら、ゆっくりと時計回りに頭部を回します。

今度は、反時計回りにゆっくり回します。
などがあります。
ストレッチの方法は多々あるので、ご自身に合う方法を見つけて試してみてくださいね。

また、ストレッチではないですが、脇の下に手を入れこみ、脇の中にあるゴロッとした塊を、手の指で掻き出すようにコロコロと回すのもいいですよ。

リンパの流れがよくなったら、正しい方法でシミウスにてマッサージすればOKです。

-やってはならないマッサージ方法
いい成分をより浸透させたい、早く浸透させたい、と思うと、ついつい手に力が入ってしまいがちではないでしょうか?
しかし、力を入れたマッサージは肌にとってよくありません。

肌の表面を擦ってしまうとダメージを与えてしまうのです。
摩擦によるダメージは危険です。
ターンオーバーを乱すことにも繋がりますし、ダメージが蓄積されると、シミやシワ、イボなどが発生する要因になりかねません。

ですので、力は入れずにマッサージすることを徹底してください。

そして、ネイルをされている方は、ネイルで肌を引っ掻いてしまわないようにも注意してくださいね。最初は慎重にマッサージしますが、慣れてきた頃に、うっかり、指を滑らせてしまい引っ掻いてしまう、なんてこともあります。

また、ジェルの量が少ないのもいけません。指と皮膚との間にジェルを入れた状態でマッサージを行うのが望ましいので、たっぷりつけてください。
少ないと、肌を直接指で擦ってしまったり、保湿が足りなくなる可能性もあります。

ちなみに、乾燥が激しい時は、もしかするとシミウスだけでは保湿が足りないかもしれません。
そんな時は、保湿クリームなどで補いましょう。シミウスは別な商品との併用も問題ないのです。

以上、シミウスのマッサージ方法でした。
適切なマッサージを施して、シミケアしていきましょう。

⇒シミウスの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする