シミウスは妊娠中のデリケートな時期にも使えるのか?

妊娠中は、何かと肌荒れが起きやすくなってしまいます。
加齢によるシミなどの肌トラブルも発生しやすくなります。
シミができてしまったら、ぜひケア商品を使うなどして治してしまいたいところですが、お腹に赤ちゃんがいるので、安全な商品しか使いたくないですよね。
妊娠していてもシミケア商品のシミウスは使えるのかどうかについて調べました。ご参考になさってください。

-なぜ、妊娠中にシミができるの?
シミと言えば、肌の老化が主な原因であるかと思いますが、若い方であっても、妊娠中にはできやすくなってしまうのです。

なぜなら、妊娠中は、ホルモンバランスが妊娠前とは異なります。
どうなるのかと言うと、女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロデステロン」のバランスが崩れるのです。
すると、メラノサイトが影響を受け、メラニンが大量に生成されてしまうのです。

しかも、赤ちゃんへ栄養をたくさん送るようになるため、肌に必要な成分が足りなくなりがちなのです。
免疫力も低下しますので、母体の健康に悪影響はないものの、肌トラブルが発生しやすくなるのです。
さらに、ターンオーバーも乱れがちになるため、大量生成されたメラニンを体外へ排除しきれなくなってしまいます。

それによって、肌荒れが起きやすくなるのです。
代表的なトラブルとしては、シミ、イボ、ニキビなどです。

出産後、授乳期を終え、しばらくすると、元の状態に戻るとされていますが、それまでの間、気になりますよね。

-シミウスは妊娠中にも使える?
デリケートな時期でも使えます。
高濃度のプラセンタエキス、コラーゲン、ヒアルロン酸といったメラニンの抑制、美白、保湿効果などがある優しい成分ばかりで作られています。
しかも、洗顔後、シミウスひつとでケアが完結するので、何かと忙しかったり、お腹が大きくなってあまり動けない時期でも楽々お肌のお手入れができるのも嬉しい点です。

薬ではないため、副作用もなく、敏感肌の方でも使うことができる商品でもありますので、安心です。
(アレルギー体質の方は成分を確認してからご使用くださいね)

また、ターンオーバーを整えて、不要な角質を除去して、改善していくため、くすみが目立ち、ハリが損なわれている状態のお肌にも有効です。

ただし、妊娠している間は、先ほど書きました通り、メラニンが大量に生成されることがありますので、UV対策はこれまで以上に気を付けてくださいね。
せっかくシミウスでケアをしていても、紫外線によって日々肌が傷つけられていたら、改善効果がダメージを受けるペースに追いつかなくなってしまいます。
室内にいても、紫外線は入ってきますから、対策をとられてくださいね。
外出しないのに日焼け止めを塗るのは面倒な時もあるので、紫外線カット機能付のカーテンが便利ですよ。

そして、肌自体も刺激を受けやすくなっているため、シミウスでマッサージをするときにも注意が必要です。
目の周囲など、肌が薄い箇所は特に優しくマッサージしてくださいね。

シミウスは妊娠中のシミケアもOK。副作用もなく、肌に優しいので安心して使えます!

⇒シミウスの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする